インターンシップ1年間同じ職場

子どもとの信頼関係が生まれて、年間行事も経験できる!

子どもと仲良くなるころに終わってしまう実習とは違い、1 年間の思い出を共有できる総保大インターンシップでは、子どもや保護者との距離がぐっと近づきます。

「1年間同じ現場に通う」から経験できること

子どもたちが、毎週待っていてくれる!

仲良くなるにつれて「毎週火曜日にくる先生」を楽しみにしてくれる子も!お家で「火曜日の〇〇先生」との思い出を保護者の方にお話ししてくれる子も多く、インターンシップ最終日に保護者の方からの「1年間ありがとうございました」という言葉に感動する学生も多くいます。

毎週行くからこそできるステキな関係!

はじめは子どもたちと上手にコミュニケーションが取れなくても、現場の先生からのアドバイスや子どもとの触れあいを通じて、自信をもって積極的に行動できるようになります。回を重ねるごとに子どもは心を開いてくれて、ほかにはないステキな関係につながっていきます。

一人ひとりの1年間の成長がよくわかる!

1週間前にできなかったことが、できるようになっている。少し前ならケンカになっていたことでも、お互いを思いやれるようになっている。子どもは1年間で驚くほど大きく成長します。その過程をしっかりと共有し、子どもの成長を間近に見て・実感して学ぶことができます。

1年間の行事を準備から経験できる!

先生になると行事を“運営する側”になります。子どもたちが行事で輝き、成長できるように準備しなければいけません。それぞれの行事にどんな準備が必要なのか?現場の先生はどんな想いで、どんな意図で企画をしているのか?教科書の知識を、経験を通じて自分のものにしていきます。

幼稚園で経験できる季節のイベント例

※クリックすると拡大します
インターンシップ